INTERVIEW

設計図は他者に意図を伝えるためのもの。
分かりやすい図面を描くことが大切。

Masahiro Isobe

技術部 設計課東京
2015年入社
工学部 航空宇宙学科卒

MY WORK

私の仕事について

不断水工法を採用するお客様の意向と現場の状況を確認して、当社製品の中で適したものをカスタマイズするため、CADを用いて設計をしています。コスト、製造性、施工性などを考慮しながら設計、製品の性能確認試験をすることもあります。

入社の経緯を教えてください

学生時代の専攻は流体力学で、父が建築設計に従事していることもあり、設計職を希望していました。コスモ工機を知ったのは、合同説明会の時、帰り際に声を掛けられたから(笑)。
インフラ関係もいいなと思っていたので、個別の説明会に参加することにしました。入社の決め手は、志望業界と入社後に想定される職種がかみ合ったことです。また、人事担当の方や先輩の方々が、楽しそうに働いているように見えたのも好印象でした。

学生時代の知識は活かせますか

学生時代に学んだ流体力学がそのまま活かせるわけではありません。知らないよりは知っていたほうがいいという程度です。むしろ、鉄などの材料の知識が求められます。ただこれも入社してから学べばよいので、心配する必要はありません。設計にはCADを使いますが、学生時代に触ったことがあった程度で、使い方は入社後に覚えました。最終的には施工現場で使われるものを設計しているので、今の目標は土木の知識も磨いていくことです。

仕事の難しいところは?

コスモ工機は製品の種類がとても多く、自分が担当することになる製品群の幅も広いところが大変です。提案設計の段階ではお客様と直接話す機会は少ないので、営業担当とエンジニアリング部の人たちからの情報が頼り。カスタマイズする製品はすべて施工現場で使われるものなので、正しく情報が伝わっているかよく確認することが大切で、コミュニケーションを密に取る必要があります。この点が甘くて、着工直前になって慌てたこともありました。設計者としての担当製品の知識だけでなく、施工現場に立ち合う時は、担当外の製品や水道業界の知識も求められます。そこで今、施工管理技士の資格取得を目指して勉強しているところです。

仕事のやりがいや面白味はどんなことですか

今、技術部は設計だけでなく、営業サポートとして全国の営業支店に技術部員を駐在させることなど技術営業としても求められる役割が広がりつつあります。このため、若手の技術者に大きな期待が掛けられていて、思い切って責任ある仕事を任せてもらえる傾向にあります。責任が伴う分、自由に発言する機会も与えられるので、仕事を進めやすい雰囲気です。担当する製品については、自分の意思を反映させて作ることができるので、やりがいは十分。入社2、3年目の頃は、自分の担当した製品が完成すると嬉しかったものですが、入社6年目となった今では、担当製品が使われる工事が無事終了した時に達成感や解放感を味わうようになりました。

思い出深い仕事について教えてください

入社2年目の時、東京都発注の工事で、大口径の不断水分岐工事のための製品設計を担当しました。当社でも10年ぶりというほどの大規模工事だったのですが、そこに使われる製品を担当するということで、緊張と喜びが入り交じった高揚感を味わいました。結局、実際に工事が行われたのは、設計開始から1年以上経過した時でしたが、3週間弱の期間、工事現場に日参したことが印象深く記憶に残っています。元請けは大手ゼネコンで、不断水分岐のあとの配管をつなぐのは、当社とは別の業者。大勢の関係者に囲まれながら自分の設計した製品が使われる現場に立ち合い、無事工事が完了したことで、大きな自信を得ることができました。

仕事を進める上で心がけていることは?

設計図は他者に自分の意図を伝えるために描くもの。だから、誰が見ても分かりやすい図面を描くように心がけています。設計図は描き方によって、分かりにくかったりするものなのです。ですから設計者として注意したいこと、強調したいことが正しく伝わるように工夫しなければなりません。このことの大切さに気づいたのは、先輩の見よう見まねの時期を抜け出して、一人で仕事ができるようになってきた頃のこと。自分の図面を見た他部署の人たちから、問い合わせがたくさん寄せられ、「自分の描いた図面が分かりにくいのだ」ということに気づかされたのです。特に製造部に製作図を出すときは誤解を招かないように注意しています。

プライベートタイム

社会人になっても、アメフトが熱い!

高校・大学とアメリカンフットボールに青春を捧げてきました。大学生の時にケガをして、一時期、プレーからは離れていたのですが、今また社会人チームに参加していて、春・秋のリーグ戦に出場するため、日曜は練習に通っています。ポジションはディフェンスで、相手とぶつかる役です。