コスモ工機株式会社

製品のご案内

ダクタイル鋳鉄管のK形接合形式による継手の離脱防止を確保

CMA

離脱防止押輪全周型

〇離脱防止機能は、押しボルト、弓形爪にて構成
〇管外周の60~87%を拘束、局部応力を低減
〇皿ばね形状の爪の移動により管の拘束力アップ

類似製品との使い分け

GX形の場合はGX形継ぎ輪用
K形かつ離脱防止性能A級の場合はスーパーホールド
コスト面(スラストブロックと比較)で選ぶ場合はワイド型
既設管にはCMB-2LB(75-800)、CMA-2LB(900-1500)
NS形の場合はNS形継ぎ輪用

技術資料ダウンロード

適用管種・適用呼び径

ダクタイル鋳鉄管75mm~1800mm

構成

1 接合部との整合性
CMAの構造は、K形接合部と同等な形状・寸法の押輪に、離脱防止機能機構を具備した製品で、十分な整合性を有しています。
2 離脱防止機構
CMAの離脱防止機構は、押しボルト、本体、弓形爪などにより構成され、この弓形爪は皿ばね状の製品で、管外周の60~87%を拘束し、管体にかかる局部応力を最大限に低減するとともに、大きな離脱防止力を保持できる構造になっています。
3 管体接触部
CMAの管体接触部の弓形爪の刃先は、管の外径に均一に接触するもので、規定トルクによる押しボルトの初期締込み時にも、また、水圧が管挿口側を離脱する方向に作用しても、管体に一様に喰い込むように設計してあります。
4 離脱防止機能
CMAの離脱防止機能は、円弧状の弓形爪が、初期の押しボルト締込み時にはやや傾いた状態にあり、水圧により管の挿口側が離脱する方向に動くと、押しボルトの先端を支点とした回転運動により爪部が直立状態に皿ばね状の変化をなし、管体を初期拘束力よりも更に強く拘束する機能を有したものです。
呼び径 FB締付トルク(N・m)許容水圧(MPa)重量(kg)
75 229511004.02.30
100 260521004.03.10
150 313541004.05.00
200 366521004.06.20
250 419581003.78.90
300 471601003.511.10
350 538621003.514.40
400 594671002.519.20
450 647701002.322.70
500 700751002.024.80
600 803801001.834.20
700 937961201.659.40
800 10401001201.467.50
900 11871051401.392.50
1000 12911101401.1104.00
1100 13941151401.0122.00
1200 14981201400.9144.00
1350 16521301400.8186.00
1500 18081301400.8216.00
1600 19101351400.7215.59
1650 19651401400.7224.39
1800 21081501400.7258.86

関連製品一覧

すでに会員登録がお済みの方

すでに会員登録がお済みの方

トップへ戻る